FC2ブログ
新聞等で既にご存知のお客様もいらっしゃると思いますが、
パナソニックよりエコキュートの一部機種におきましてリコールが発表されました。


2003年11月から2013年1月までに製造した
ナショナル、パナソニックの家庭用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)で
ヒートポンプユニット199機種(対象台数97万8千台)に対して不具合があるため
事故防止の点検および部品交換を無料にて実地するというものです。



国の指導・命令ではなく、人的被害の確率も極めて低いので
今まで通りご使用いただいても問題ないとの発表ですが、

対象商品をご利用されているお客様に関しましては、
弊社でも販売店を通じて該当商品を調査するとともに
点検改修を順次行ってまいりますので
ご迷惑、ご心配をお掛けしますが何卒よろしくお願いします。




対象機種の「品番」など詳しくはこちらをクリックしてください↓

家庭用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)事故防止のためのリコール社告実施について



また、電話でもお問い合わせを受け付けておりますので
ヒートポンプユニット、貯湯ユニットの「品番」をお伝え下さい。


一般ユーザー向けフリーダイヤル

0120-871-381

《受付時間》

9時~21時 8月27日まで毎日

9時~17時 8月28日以降

土曜日・日曜日・祝日を除く








営業部:中村
スポンサーサイト
2014.07.28 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
梅雨も明け、季節は夏本番。
湿度も高く、うだるような暑さが続いていますね。


夏になるといつも思うことが一つ。



2階ってこんなに暑かったけ?



昼間は暑すぎて耐えられない。
夜中でも熱がこもってクーラーなしでは眠れない。


なんて経験、皆さんもあるのではないでしょうか?



省エネを考えて高断熱高気密の家を建てたのに、
夏の太陽の焼け込みで壁や室内が異常な高温になり
結局一日中エアコンで冷やすことに、、なんてことも。




夏過しやすい家とは、風通しが良い家のことを言います。
弊社が勧める通気断熱WB工法は、
この「風通し」を「通気」というかたちで住まいに取り入れています。


焼け込みの高熱を通気層から外に逃がすため快適で
エアコンの使用が減るため省エネに過ごすことができます。

さらにムシムシする湿気も透湿壁を通り抜けて室外に出ていくため
湿度も常に調整されてエアコンの使用はさらに少なくなります。





「家の作りようは、夏を旨とすべし。冬は、いかなるところにも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」


これは、徒然草の一節です。


といっても時代は現代。

通気断熱WB工法の家は、外気の温度を自動的に感知して
家の壁の中にある通気層の空気を動かしたり止めたりするので
夏は涼しく、冬は暖かくと一年中快適に健康に過ごすことができます。
(しかも電気代がかかりません。)


弊社には従来の高気密・高断熱住宅とWB工法との違いがわかる
ミニチュアの実験セットや冊子・DVDなどもご用意しておりますので
興味がある方はお気軽にご連絡、ご来店ください。


住所:諫早市下大渡野町42番地
電話:0957-26-5271


それでは、暑い日が続きますが、皆様お体に気をつけてお過ごし下さい。


現場の方も熱中症対策など万全に安全第一で作業を進めさせていただいております。






営業部:中村



2014.07.24 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top